【キャバ嬢を辞めたい女子必見】キャバクラを辞める大変さとその方法

キャバ嬢を辞めるときは前もってしっかり計画しよう

「他のキャバ嬢との人間関係が悪い」「罰金やノルマが厳しすぎる」などの理由で仕事を辞める時には、ある一定のルールがあります。
お店の中には簡単な契約書を作成し「退店する場合は1か月前までに店長に報告する」などの規定を定めているようなので、契約書を交わした方はまずはそれをチェックしてください。

労働基準法では、期限を決めていない雇用の場合は2週間前までに退職届を出せば退職可能とされています。
もし「〇年〇月〇日まで勤務」と決められていれば、その期日まで仕事をしなければなりません。
どのような形態で雇用されているのかを確認するのが大切です!

もし期限を決めずに入店してるなら、2週間前までに責任者(店長など)に退職願を出せば法律上退職は可能なのですが、お世話になったお店の場合は1か月前には退職の意向を伝えておいた方が良いです。

「月末まで」などキリの良い時期に退職する方もいます。
キャバ嬢を辞める時は前もってしっかり準備・計画しておく方が良さそうです。

もし感情的になり「もう辞めた!」で翌日から仕事に行かなくなると、無断欠勤扱いになり罰金を徴収されるかもしれません。
働いた月のお給料がもらえないまま退店した、と言う酷い話もあります。
女性ですからどうしても感情的になってしまう面もありますが、自分の報酬や立場を守るためにも筋を通して退店する方が良いですよ。

頑張っていた子ほどお店側に引き止められる

営業成績が良く頑張っていた女の子、お店の売り上げ上位の女の子ほど引き留めに遭う可能性が高くなります。
とあるお店のナンバー1キャバ嬢はが店長に「お店を辞めます」と告げた所「貴女が辞めるのならこのお店も畳む」と言われてビックリしたそうです。

それだけその女の子の売り上げが凄かった…と言う事になりますが、自分のせいでお店が潰れるのは困りますよね。
結局周囲の方々と店長を説得して、何とかお店を辞められたそうですが人気のある女の子はそう簡単に退店出来ないのです。

引き留めの文句としては…

・「貴女が辞めたら貴女のお客様はどうなるの?」と責任感に訴える
・「とにかく辞めないで、お願い」と泣きつき情に訴える
・「辞めるのは許さない」や「貴女が辞めるならお店を畳む」など言葉で脅す

このようなケースが多いようです。
辞める側の女の子がこのような言葉で「じゃあ、辞めるの止めます」と言えるようならまだ我慢出来るレベルなのです。
でもキャバ嬢が身も心もボロボロになっていたら、どれだけ脅されても辞めざるを得ないですよね。

そんな時はキッパリと「何を言われても続けられないものは続けられません!」と言い切ってください。
「お仕事辞めたい」と言っている女の子を、お店が無理に拘束出来ませんからね!
「えー、困ったな。どうしようかな…」と迷ってしまうとそこに付け込まれてしまいますよ…!

お客さん・常連さんにはきちんと辞める連絡をしよう

それまでお世話になった馴染み客や常連さんには、やはり事前に辞める連絡をするのがマナーです!
ずっと売り上げを支えてくれていたわけですから、感謝の気持ちとお別れの挨拶をしておくべきでしょう。

1か月前に退店の決意を伝えておけば、馴染み客に挨拶出来る時間は十分にあります。
ここで問題になるのは辞めた後の身の振り方。

完全にキャバクラの世界から足を洗ってしまうなら問題ないのですが、もし他店に引き抜きされる、キャバクラの世界から足を洗わないのであれば「今のお店は辞めるけれど、すぐに〇〇と言うお店に移店する」と伝えますよね。

けれど表向きはキャバ嬢を辞めるわけですから「移店する事は口外しないで欲しい」としっかり口止めしておかなければなりません!
移店の事を常連客に内緒にしておいても良いのですが、そうなると「常連客を信用していない」と思われてしまうので難しい所です。
私はキャバ嬢を辞める前提で退店しましたので「辞める」と言う報告だけを常連客に伝えました。

辞めたいけど辞めづらい人に

辞めたいけどなかなか店長に切り出しにくかったり、キャバクラの雰囲気があったりで辞めるのに苦しんでいる人も多いと思います。
退職代行に依頼すれば退職を言い出せずに苦しんでいる人に代わり退職の手続きをしてくれます。

「わたしNEXT」なら退職だけでなく転職のサポートも充実していて転職お祝い金もプレゼントしており、即日辞められるので今すぐ辞めたいという人に特におすすめです!

他にも退職代行のメリットとしては、店長やキャバ嬢に一切顔を合わせずに辞められること、悪質なキャバクラでも100%辞められること、お店から訴えられたり損害賠償請求される心配がないことなどがあります。

最短当日に退職できるので退職の悩みやストレスから今すぐに開放してくれます。働いた分の給料もしっかり受け取れるので今すぐ辞めたいなら飛ぶのではなく退職代行サービスの利用が断然お得です!

Scroll to top